むち打ち症の補償を受ける|相続のお悩み解決教室~士業のプロに相談~

相続のお悩み解決教室~士業のプロに相談~

スーツを着た女性

むち打ち症の補償を受ける

男性

障害の等級が低い

交通事故の後遺障害として代表的なものに、むち打ち症があります。首が痛くて曲がりにくくなったり、しびれや耳鳴り・めまいなどを覚えたりする症状です。ひどくなると全身の倦怠や歩行困難、排泄困難を引き起こすこともあります。しかしむち打ち症は、交通事故の示談交渉で非常に揉めやすいという特徴があります。レントゲンなどで検査したとき、はっきりと異常が認められれば良いのですが、むち打ち症は特に異常が見つからない場合も多いからです。そういう場合は交通事故の後遺障害の中でも、最も等級の低い第14級に分類されます。等級が低いため、自賠責基準の慰謝料は32万円と定められており、十分な補償を受けられないことがあります。

弁護士基準で補償を

後遺障害の認定を受けるのも、必ずしも簡単ではありません。症状が軽いからといって、通院の回数が少なかったり間隔が空いていたりすると、事故の後遺症とは認められないことがあります。また軽微な事故であったり、医師からキチンとした診断書を貰えなかった場合も、後遺障害とは認定されにくくなります。むち打ち症の補償をしっかりと受けるには、それなりの準備が必要です。交通事故を得意とする法律事務所に相談すれば、こうした手続きについて詳しく教えてくれます。また慰謝料の金額も、自賠責基準の4倍以上を勝ち取れる可能性があると言われています。実際に裁判をしなくても、弁護士が交渉に当たることで、補償金が増額できるというメリットがあります。